マイルを効率的に貯めるコツ

日本航空、全日空、ノースウェスト、ユナイテッド・・・etc。ほとんどの航空会社では、各社マイレージプログラムを導入していて、
サービスも付帯もバリエーションに富み、どれを選んでよいか迷いものだと思います。

ただし、マイルを”陸”で量産する最大にして唯一のコツは 選択と集中 です。

すなわち

マイルが貯まりやすい航空会社(プログラム)を選択する
ポイント還元率の良いカードを一枚に決めて、集中的に利用する
という、2点を確実に実行する。
これが海外旅行への最短ルートです。

とりわけ、まずは「選択」をする必要があって、あとは…

集中あるのみです!
選択を誤っては命取り
まずははじめに、
個人が年間に獲得できるマイル量を、それらしい計算式で表すと

マイル獲得量 = カード支出額 × マイル加算率 + α

こんな具合になります。多少意味がわからないと思うのでちょこっと解説を。

● 「カード支出額」

カード支出額は、大きくは個人の所得に依存するものですから、頑張っても簡単に増えるものではありません。とりあえずほっときましょう。

● 「マイル加算率」

一方で、マイル加算率 ってのはクレジットカードごとに固定されている属性です。当然、どのカードを利用するかはユーザーが決められるわけです。

当然、この選択には慎重に慎重を重ねなければなりません。
何故かというと、世の中には「100円で0.5マイル」しか加算されないカードもあれば、「100円で1マイル」が加算されるカードもあるからです。同じ支出であっても、両カードの1年後のマイル獲得量には 2倍の差 がつくことになります。

ここで万が一、選択を誤ってしまうと陸マイラーとしての前途は多難です。

● 「+α」

「+α」ってのは何かと申しますと、カード払い以外の獲得マイルのことを指します。具体的には、インターネット上のポイントプログラムや入会・資料請求などのボーナスマイルのことです。

再び、選択とは何か?

ここまでをお読みになってご理解いただけたと思いますが、
「選択」とはすなわち

「マイルが貯まりやすい航空会社」を選択する
「ポイント還元率が良いクレジットカード」を選択する
という2点です。

もちろん上記2点とも、当サイトで徹底比較を行い紹介していますのでご安心を。

Posted by 運営者